子育ち、子育てのネットワークをつくる

2006年12月31日 23時24分 | カテゴリー: 活動報告

子どもの虐待が社会問題となり、子どもの虐待防止ネットワークがつくられました。昨年はいじめ問題が浮上し、対策が話し合われています。問題が表面化してからの対応ばかりで、子どもが声を上げにくいスクールセクハラや親の収入による教育格差など対策が急がれる問題が山積しています。

これらの問題の対応で気になるのは、子どもの権利を保障する視点がないことです。「子どもたちの気持ちや考えを聴くこと」や「子どもたちが問題を解決する力をつけていくこと」が必要です。
そこで、子どもも参加できる子育ち、子育てのネットワークをつくり、子どもの権利・最善の利益を保障するまちづくりを話し合っていきたいと考えています。
子どもたちの育つ力を応援するしくみ。地域力で子育てをサポートするしくみ。子どもの権利条約にある権利を保障する子どもの権利条例。子どもの権利を擁護するしくみ。その実現にむけたネットワークをつくるために、多くの人に会い、つながっていきたいと思います。