乗ってみませんか?コミュニティバス

2007年4月13日 21時10分 | カテゴリー: 活動報告

練馬高野台駅南口で遊説をしたので、順天堂練馬病院に寄ってみました。練馬区が土地を提供し、建設費の半額約70億円を負担した病院です。散歩の途中で1階のカフェによって休憩するのを楽しみにしている方もいるそうです。地域医療の核としてどのように機能しているのか、防災時はどうなのかなど今後チェックしていきたいと思います。

福祉コミュニティバスのバス停を見ていたら「時刻表を配っていますのでどうぞ」と声をかけてくれました。当初、福祉園バスを活用したために1日2便しかありませんでしたが、現在は朝7時から夜7時までほぼ1時間に1便と増便されています。私たちが見た9:25着のバスには大人7人子ども1人乗っていました。
「発車3分前にならないとバスに乗れない、雨の日や寒い日はもっと早くから乗せてほしい」との声があると聞き、なぜ3分前しか乗せないという規定があるのか疑問に思いました。調べてみたいと思います。

今回は自転車だったので、今度は私の住む関町からバスに乗ってみたいと思います。みなさんも乗ってみませんか?利用者の声を反映することで、使いやすいものになっていくと思います。