一般質問そして委員会・・

2007年6月18日 10時06分 | カテゴリー: 活動報告

6月15日に一般質問をしました。生活者ネットワークを代表して、区長や区の担当者に、意見を織り交ぜながら様々な質問をするものです。登壇したときは、緊張してこわばっていましたが、多くの方が傍聴席に来てくださっているのが見えて、聞こえるように話そうと集中していくことができました。
区長の基本姿勢は、「憲法理念実現のための努力は?」など憲法についてと関越側道車止め撤去の事例に沿って区長の考える区政の民主的運営などについて聞きました。
このほか「外環道・青梅街道インターチェンジについて」「放課後子どもプランについて」「保育園の委託化について」「地域包括支援センターについて」「介護予防について」「廃プラスチックについて」そして最後が「教育について」でした。
教育についてでは、今年4月24日に行われた「全国学力・学習状況調査」を事例に教育委員会の主体性について聞き、「小中一貫校」を2学期制のときのようにすべて決まってから知らせるのではなく、子どもや保護者、地域の意見を聞いてすすめるかどうかを聞きました。
区議会のホームページでは、水曜日ごろから映像が見られると思います。そして、質問と回答の概要版をネットのホームページにも載せる予定です。
区民の参加参画できる区政の実現、子どもにかかわる事業は子どもの視点で考えていくなど、この一般質問で示した生活者ネットワークの姿勢をもって、月曜日からの委員会に臨もうと思います。

6月の定例会は、人事の議会と呼ばれています。議長選挙や所属する委員会が決まったりするからです。
私は、文教委員会と交通対策等特別委員会に所属が決まりました。ネットとしては、吉川みさ子が企画総務委員会、議会運営委員会、清掃リサイクル等特別委員会に、橋本まきが健康福祉委員会、総合計画等特別委員会に所属します。