文教委員会の視察で和歌山県に来ています

2007年11月1日 09時55分 | カテゴリー: 活動報告

30日は田辺市で、会津小学校を拠点に活動している総合型地域スポーツクラブ(SSC)の説明を聞き、活動を見学しました。
小学生対象の種目から始めて、中高齢者対象の種目にも取り組んでいます。
特に中高齢者については和歌山大学との連携で個別運動プログラムを作り、体力測定の結果を分析しながら無理なくできるようになっています。
小学校では子どもたちが楽しそうに、2本の長縄を使ってダブルダッチをしていました。指導していた方は元高校の先生だそうです。
通学区域が広く、校長先生のお話では1時間くらい歩いて通っている1年生もいるとのことです。「帰り道が心配なので」と迎えに来ている保護者の方もいました。
練馬のSSCは区立体育館を拠点にしています。小学校では学校応援団の子どもひろば事業との連携ができるのではないかと思いました。
練馬でも課題となっている「中学校の部活動との連携」は田辺でも課題とのことです。「引退した中学3年生のフォローができるのではないか、軟式野球から硬式野球への移行の手助けができるのではないかと考えているところです」と聞き、理事長の熱い想いが原動力になっているのだなと思いました。