練馬区立中学校選択制度検証委員会を傍聴しませんか?

2008年4月24日 10時02分 | カテゴリー: 子ども・教育

第2回委員会でアンケート結果が報告されます

4月30日10時から区役所本庁舎12階教育委員会室で「練馬区中学校選択制度検証委員会」が開催されます。

練馬区では完全実施ではなく、学区域の生徒を優先に入学を認め、教室数を増やさないで対応できる人数で、1クラス人数にあたる40人を上限の目安として実施して、3年がたちました。
学校選択制度によってクラス数が増加して落ち着かなくなったとか、希望する部活動のある学校に進めてよかったなど、いろいろな声を聞いています。
練馬区の将来像を考える区民懇談会では、小学校にも選択制度を導入することも提案のひとつとして上がっています。
練馬区では「開かれた学校づくり」を掲げ、学校、保護者、地域の協力で子ども達を見守り、よりよい環境を作っていくことを進めてきました。

さまざまな意見があると思います。今回は生徒や学校へのアンケート結果が報告されます。ぜひ、傍聴して、ご意見をお寄せください。