石神井公園ふるさと文化館開館記念式典

2010年3月29日 13時50分 | カテゴリー: 活動報告

石神井公園に隣接している石神井プールとの併設施設。歴史や文化財の保存だけでなく、体験コーナーや観光情報を発信する新しい博物館としてつくられました。

3月28日に石神井公園ふるさと文化館が開館しました。開館記念式典後に、記念イベントのお囃子演奏、寿獅子、恵比寿様・大黒様の演舞や館内を見学し、練馬の食文化は「朝まんじゅう、昼うどん」ということで、うどん店が営業する休憩コーナーで開館記念うどんを食べました。

展示コーナーでは、農村であった練馬の歴史を体感できる農具が並んでいます。特に、練馬大根の漬物樽は人が入れるぐらいあるその大きさにびっくりしました。中がのぞけるようになっています。
1950、1960年代頃の町並みを再現した体験コーナーには、脱水が手動式の洗濯機や子どもの頃使っていたような学習机、ポットや冷蔵庫など台所用品が並んでいて、子どもの頃を思い出し、思わず「なつかしいなぁ」とつぶやいてしまいました。

この他に、わがまち練馬情報コーナー、交流ライブラリーなどがあり、歴史や文化の学習支援や区民の作品展示なども行っています。ふるさと文化館とつながっている池淵史跡公園には、わらぶき屋根の家が復元され、見学ができます。

「練馬区ではぐくまれてきた文化の継承および発展を図り、新たな地域文化の創造および観光振興に寄与することを目的とする」この施設が、練馬の文化振興の活性化につながり、観光振興に偏らないようにしていく必要があると考えています。