「六ヶ所村ラプソディー」とそね文子さん

2010年6月23日 11時29分 | カテゴリー: 活動報告

6.22「そね文子を区政に送ろう!」に参加して

お隣の杉並区では、区長の辞任に伴い、参議院議員選挙と同時に区長選挙と杉並区議会議員補欠選挙が行われることになりました。首長選挙の時に、地方議会に欠員があれば補欠選挙を行う決まりがあるからです。杉並・生活者ネットワークは、そね文子さんを擁立します。

「助産院での出産は、命を大切にするとはどういうことか学び、小さな命と向き合うなかで青森県六ヶ所村の原発から出る使用済み核燃料の再処理工場の問題を知り、勉強会や活動を仲間のおかあさんたちでするようになりました。」そんなそねさんが「社会的に弱い立場にある人たちが大切にされる社会、環境を大切にする杉並区をみなさんとつくりたい。」と決意を表明していました。自然体で、とつとつと話す、温かな人柄に、私も一目ぼれしました。

「六ヶ所村ラプソディー」の鎌仲ひとみ監督もかけつけて「微力でもつながりあって、共鳴しあうことで、変えていけると思っています。そね文子さんは、そんなチェンジメーカーの一人です」と応援のメッセージをおくっていました。鎌仲監督の最新作「ミツバチの羽音と地球の回転」を8月27日に練馬でも上映します。