つながろう!地域を元気にするために

2011年4月16日 22時57分 | カテゴリー: 活動報告

たすけあいが「いざ」という時の力になる。お互いさまの支え合いが生きる力になる。

大泉学園駅南口で
大泉学園駅南口で
『何のために生きるのか』という問いを聞くと『生きて何をするかが大事』と思う。
『議員になりたいなら』と言われると『議員なったら何をするかが大事』と思う。
「おせっかいおばさん」という言葉が聞こえなくなっているけれど、まちのおせっかいおばさんでいたいと思っている。
笑顔であいさつをかわす。子どもたちの笑顔に元気をもらう。駅などで遊説をしているとニュースを手にとってくれる人がいる。「がんばってね」と声をかけてくれる人がいる。時々、質問や相談、意見を聞かせてくれる人がいる。一緒に考えたり、活動したりする人がいる。
地域住民のたすけあいが「いざ」という時の力になる。お互いさまの支え合いが生きる力になる。規制や取締りで「安全・安心」は得られない。今こそ地域力・市民力を発揮して、まちを元気にするためにつながっていきましょう。