練馬区地域医療計画策定検討懇談会を傍聴

2011年9月29日 16時37分 | カテゴリー: 活動報告

策定スケジュールが変更されました

はじめに、日大光が丘病院の後継運営主体を「公益社団法人 地域医療振興協会」に決定したことが報告されました。地域医療法人の母体が自治医大であることから、自治医大の学長である委員長の処遇について、検討の提案がありました。また、地域医療振興協会の代表者が、この検討委員会に出席するよう要望がありました。

スケジュールは、光が丘病院の運営主体が変わることや検討回数を増やす必要があることを理由に、計画策定を来年度末まで伸ばし、開催回数も増やすことになりました。次回は1月25日の予定です。今後懇談会で議論が深まることを期待したいと思います。

昨日の決算特別委員会でも指摘しましたが、医療と介護の連携が進んでいない現状があります。地域で暮らし続けるためには、医療と介護の在宅支援の充実が必要です。生活者ネットワークでは、アンケート調査を行い、具体的な提案ができるよう活動していきますので、ぜひご協力をお願いします。