成人の日、9条の日、原発都民投票条例の直接請求署名の中間報告会

2012年1月10日 10時45分 | カテゴリー: 活動報告

練馬駅でアピール
練馬駅でアピール
成人の日には、新成人にむけての街頭アピールを毎年、練馬駅で行っています。今日9日は、練馬ネット9条の会の街頭アピールの日でもありました。さらに、12月9日から始まった「原発の是非を問う都民投票条例の直接請求署名」の街頭活動も合わせて行いました。

原発のことを皆さんはどのように考えていますか?今こそ、どんな未来を選択するのか、私たち一人ひとりが問われているのではないでしょうか?コンセントの向こうにある原子力発電所の安全神話が崩壊してしまったのですから。いのちに関わるこの選択を「おまかせ」や「無関心」では、いられないと思いませんか。

原発都民投票を実現しようー中間報告会「新春ジャンプイベント」の会場には、300人を超える仲間が集まり「一人ひとりが考えて答えを出そうよ」という思いがあふれていました。都知事は選挙で選ばれたといいますが、都民の付託を受けたのであって、白紙委任されたのではありません。大事なことは主権者である都民に問うべきです。都知事の条例提案も議員提案もないから、私たちが直接請求をするのではないですか。
議員提案権を持っている私たち区議にも耳の痛い話ではありました。取組まなくてはいけない課題だと痛感しています。

大阪市では、必要な42、000筆対し、50、000筆を超えたと今井一さんから報告がありました。東京都では、署名が78、240筆、受任者が12、974人、カンパが2、404、400円。市長選がある小金井市と八王子市は、1月23日から2ヶ月間が署名活動期間になることも今日知りました。

橋本美香&制服向上委員会が登場!「原発さえなければ」「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」を生で聴きました。「安全といい続けた人たちの人災だから」本当にそうだね。忘れさせないために、考えてもらうために、明日からまたがんばるよ!子ども達の未来のためにも!!