全原発が停止!問題はこれから

2012年5月7日 12時16分 | カテゴリー: 活動報告

原子力の平和利用にだまされない。核技術の保有は憲法違反では?

5月5日にすべての原発が停止しました。
政府は、原発事故の原因究明を棚上げにして、大飯原発の稼動にやっきになっています。報道も電気が足りなくなると、不安を煽るような報道が続いています。今朝「大飯原発を稼動しても電気が足りないのでは?」と指摘され、「稼動しても足りない」と関西電力が認める場面をテレビで見ました。

電気がたりないから、原発再稼動なの?
いいえ、核技術がほしいから、原発の平和利用という理由が必要なの。

自民党などいくつかの政党が、9条を変える憲法案を次々と公表しています。
原発の核も原爆の核も同じ核です。

脱原発に方向転換できるか、日本の未来への大きな分岐点にいる私たちが、正確な情報を手に入れ、議論し、未来への選択を決めていくときではないでしょうか。

「原発」都民投票は、選管の審査が終わり、東京都全体で323,076筆(練馬は20,578筆)が確定。5月10日に都知事に本請求します。都知事は意見をつけて、都議会に条例案を提案します。都議はどのように議論し、どんな結論を出すのでしょうか?
「主権者である都民の権利をどう考えているのか」「原発をどうするのか、エネルギー問題についての考え」をしっかりチェックしていきましょう。

ぜひ、ご参加ください。
◆「原発が止まると電気が足りない」は ホント、ウソ? 
—これからのエネルギーを考える学習会—

 日時:5月12日(土) 9:50〜12:00(受付9:30〜)
場所:石神井庁舎 会議室(2)(3)
講師:松原弘直さん (環境エネルギー政策研究所 主席研究員)
資料代:300円
主催:練馬・生活者ネットワーク ℡03−3993−4899 Fax03−5999−4632

◆原発都民投票条例本請求・公開討論会 
(本請求)
日時:5月10日(木)14:00
場所:都庁第二庁舎1階集合 
(公開討論会) 「みんなで話そう 原発都民投票」
日時:5月10日(木)18:30〜20:30
場所:三茶しゃれなあど03-3411-6636(三軒茶屋駅徒歩3分)
主催:原発都民投票 公開討論委員会実行委員会
℡/Fax 03−6434−0579  info@kokumintohyo.com