人にやさしい東京そして練馬に

2013年1月1日 00時00分 | カテゴリー: 活動報告

巳年は、夢に向かって脱皮する年といわれているそうです。50歳という節目を迎えることでもあり、10年後の自分のなりたい姿を思い描いてみたいと思っています。 

政権が変わり、経済優先、自己責任へと舵が切られ、貧困や差別の解消はますます遠のくことが危惧されます。都知事選で掲げた「人にやさしい東京」そして人にやさしい練馬づくりに取組んでいきます。

 

 

「茶色の朝」という話を知っていますか?

国が茶色のペットしか飼ってはいけないと決めたことに疑問を抱きながらも流されていく主人公。やがて、決まりができる前に茶色以外のペットを飼っていたからと友人など多くの人が逮捕され、ある朝とうとう自分の家のドアをたたく音がするという話です。

 「脱原発」が遠のきつつある今こそ、「原発いらない」の声をあげ続けていきましょう。