福岡市カワイイ区☆福岡県アジアンビートの発信力

2013年10月24日 14時28分 | カテゴリー: 活動報告

 

長崎駅から博多駅へこの電車で移動

2日目は、福岡へ移動。福岡市カワイイ区をシティプロモーション事業の先進事例として視察。仮想の行政区を設定し、福岡の魅力を発信しながら区民登録者を増やしていく、さらに地域活性化につなげていくことを目的にした事業です。初代区長がAKB48のまりこ篠田麻里子さんだったので、発表時には多数のメディアに取りあげられ、広告換算価値を2億8,000万円と試算しているそうです。

「カワイイ」とは、「愛すべき」や「心和ませる」などいとおしい気持ちにさせる魅力を表すそうです。当初は広報戦略室が担当していましたが、企業などと連携するための営業や発信についての庁内調整が必要になり、総務企画局企画調整部に変更。総務調整部、広報戦略室、経済観光文化局国際経済・コンテンツ部と観光コンベンション部に加え、福岡商工会議、福岡観光コンベンションビューローで構成するカワイイ区推進協議会を発足させました。年間予算約1,000万円をうわまわる効果を見込んでいるようでした。

ソーシャルメディアを活用して、観光客にアピールするだけでなく、ファッションや名産品をインターネット販売することで、地域経済の活性化につなげているところが参考になります。練馬では、ねりコレのインターネット販売が考えられますね。

福岡県庁では、青少年育成事業について説明を受けました。若者国際文化交流サイト「アジアンビート」に興味深々!ファッション、アニメなど韓国、中国、タイなど、アジアに一番近い福岡の地の利を活かした事業です。若者の日常的な交流で、歴史認識でギクシャクしている空気を打ち破ってくれたらいいと思いました。