笑顔でありつづけるために!~つながりましょう・声をあげましょう~

2014年1月1日 00時00分 | カテゴリー: 活動報告

2014年は、都知事選を2月に控えての年明けとなりました。都知事不在でも住民合意を無視して進む外環の地上部街路、しかも練馬区だけ。他にも大泉第二中学校を分断する補助135号線や青梅街道インターチェンジなど、区も国も教育・生活環境の悪化やコミュニティ分断より、工事優先の姿勢で強引に進めている事業があります。区民の生活権、環境権を守るために、力を合わせてがんばりましょう。 

地域課題もありますが、国民主権が奪われる危機的状況でもあります。昨年末、フェイスブックに東京新聞の記事が「騙されるな」のメッセージとともに投稿されました。

ヒトラーの右腕だった高官が戦後の裁判でこんな趣旨の証言をしたという。「国民は戦争を望まない。しかし決めるのは指導者で、国民を引きずり込むのは実に簡単だ。外国に攻撃されつつあると言えばよい。それでも戦争に反対する者を、愛国心がないと批判すればいい」(2013年12月14日東京新聞)

 しかも、昨年の8月、麻生副総理の問題発言がありました。覚えていますか?

 「ナチス政権下のドイツでは、憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わってナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わった。あの手口、学んだらどうかね」

ナチス政権は、オリンピックを利用してナショナリズムを煽り、合法的に独裁政権を確立していった歴史を日本で繰り返させてはいけない。

地域で暮らす私たち、ひとりひとりが政治をおまかせにしないで、地域でつながって声をあげていくことが大事です。情報発信に努めますので、ぜひ受け取ってください。

今年もよろしくお願いします。