第一回定例区議会の日程変更

2014年3月4日 10時32分 | カテゴリー: 活動報告, 議会活動

志村区長が急逝されました。謹んで哀悼の意を表します。区議会で予算審議中であり、心残りで区長が、通夜、告別式ともに雨を降らせたのではないかと察します。2月24日は予算特別委員会が開会されなかったため、3月3日の本会議で会期延長を決め、日程が変更となりました。

4月20日投開票の区長選、区議補選が決まり、4日に追加上程の予定だった補正予算をさらに変更するため、5日に審議の予定が11日になりました。私が質問する「公債費・諸支出金・予備費・一般会計歳入」が、6日から5日に変更になりました。

2月26日の産業経済費では、練馬まつりがとしまえんに会場を移すことについて検証しました。区民主体の実行委員会と委託の事務局に丸投げしておきながら、区に都合が悪くなると切り捨てる。区民との協働ではなく、下請けのように考えている区の姿勢の転換を求めました。農の学校については、青少年対象の取組みや農作業だけでなく食の問題ともつながっていること、低農薬や遺伝子組み換え食品問題も取り上げるよう求めました。

志村区長が進めてきた行政改革の委託民営化で非正規雇用を増やし、保育士など人的支援をする現場職員を減らしてきたことにより、区民サービスが低下していることは問題です。区長選、区議の補選は今後の区政運営に大きな影響があります。市民の議席を増やせるように取組んでいくことが生活者ネットワークの使命であると考えます。