上石神井敬老館の完成披露式に出席~予防介護支援の拠点~

2014年10月6日 09時45分 | カテゴリー: 活動報告

上石神井出張所の改修が終わり、9月28日に上石神井敬老館と高齢者相談(地域包括支援)センター支所の完成披露式がありました。改修前に併設されていた児童館が保育園と併設になったので、その空きスペースにつくられました。上石神井地域に計画している高齢相談センター支所に介護予防拠点機能を併設すると敬老館事業の今後の基本方針」に明記されています。式の後、施設を見学し、トレーニングマシンを体験しました。お風呂も男女別でどちらも広々としていました。

屋上緑化

上石神井での新たな取り組みを検証し、身近な施設で支援が受けられるように工夫することが必要です。

 

 

 

一方、大泉に予定されている高齢者センターは、高齢者が集う場の環境として、関越道高架下はふさわしくないと見直しを求めてきました。しかし、9月26日高速道路保有債務返済機構が占用を許可してしまいました。ネクスコを経由して区に許可証が届いたのが10月3日となり、区の公表はその日となりました。

占用許可基準の課題について機構がどのような判断をしたのか明らかにしていく必要があります。10月14日の企画総務委員会、区民生活委員会、10月15日の医療・高齢者等特別委員会、清掃リサイクル等特別委員会に報告されます。