地域防災に意見を!チェックポイントはこれだ!!

2014年12月26日 18時53分 | カテゴリー: 活動報告

16の震災が体験できる新しい起震車です。光ヶ丘の防災学習センターに配備されています。

「『練馬区地域防災計画 平成26年度修正素案』に意見を送りたいが、約500ページの素案全文を読むなんて無理。どこをチェックしたらいいか教えてほしい」との声を受けました。以下は、私の考えるチェックポイントです。

① 修正の方向性や視点について・・・防災共通編第1部第4章に2014年度修正の概要が掲載されています。特に視点8被災者・避難者対策の強化については、自宅で避難生活を送ることを想定して考えましょう。

② 災害ボランティアについて・・・防災共通編第2部第3章2節ボランティアの受入体制を見てください。練馬区災害ボランティアや災害時ペット管理ボランティアをご存知ですか。知らせていくこと、登録者を増やすこと、研修など課題はあります。

③ 災害時に近所の方と協力できる体制はありますか・・・防災共通編第3部第1章地域防災力の向上の計画を実効性を高めるために、どのような支援が必要と考えますか。

④ 放射性物質対策は不十分ではないか・・・防災共通編第3部第2章第4節放射性物質対策はたったの4行。「練馬区放射線危機管理ガイドライン」により対応となっていますが、その内容も含めてチェックしてみてください。

⑤ 防災本編はしっかり点検・・・情報伝達、医療体制、災害時要援護者対策、避難拠点体制などがあります。本編109ページの在宅避難等は要チェック。

⑥ 防災計画、避難所運営など女性参画は進んだか。女性の視点で確認しよう・・防災本編第5章第5節女性の視点による災害対策の推進を見てください。絵に書いたもちにしないための啓発も必要です。

もちろん、読まなくても、不安なこと、疑問に思っていることを意見募集に送ってもいいでしょう。声をだすことが大事です。