新成人のみなさん、おめでとうございます!

2015年1月13日 12時23分 | カテゴリー: 活動報告

練馬区成人の日のつどいがとしまえんで開催され、新成人が楽しそうに話したり、写真を撮っていました。対象者は7,107人(2014年9月1日現在)で、ここ数年の約6,500人より多くなっています。有権者となったみなさんは、昨年の衆議院議員選挙で投票したでしょうか。これから20歳の誕生日を迎え、4月の区議会議員選挙が初選挙になる方もいるでしょう。若者に選挙を身近に感じてもらい投票率を高めるために、会場には「選挙体験コーナー」が設けられていました。「有権者には寝ていてもらった方がいい」と発言した不謹慎な国会議員がいましたが、低投票率であるほど組織票を持つ大政党が有利になるのです。棄権票を白紙委任と都合よく解釈され、国民の主権も人権も奪われかねない現状を変えるためにもぜひ投票に行きましょう。

成人の日街頭遊説で、集団的自衛権の行使容認を許さず、憲法9条のもと平和を守っていくことや奨学金という名の借金を背負わされている若者の課題に支援が必要と政策をアピールをしました。練馬区が募集している今後10年を見据えた「区政運営の新ビジョン素案」に若者の意見を送ってほしいです。若者のリアルな行政需要を区長はどのように考えているのでしょうか。いくら頑張ってもどうにかできない貧困格差の解消は早急に取り組むべき課題で、支援の充実には、関係機関の連携、人材の確保が必要です。