2月10日の一般質問は、生活者の視点で!

2015年2月8日 10時51分 | カテゴリー: 活動報告

今期最後の第一回定例会が2月6日に開会しました。2月19日から実質審議の2015年度予算や教育委員会制度改正に伴う委員長職の廃止議案、子ども・子育て支援新制度よって変更される学童クラブや幼稚園・保育園の保育料変更の議案、介護保険制度改定によって地域支援事業に変わるための改正議案などなど、区民の不利益が心配される議案があり、生活者の視点でしっかりチェックしていきます。

2月10日は一般質問に登壇します。質問項目は、1.区長の基本姿勢について、2.区政運営の新しいビジョン素案について、3.教育について、4.出張所と地域コミュニティ支援について、5.高齢者福祉施策について、6.再生可能エネルギーの推進について、7.まちづくりについて。

区長の基本姿勢では、憲法について。教育は4月から変わる教育委員会制度について。高齢者福祉施策では、相談機能について。まちづくりでは、関越道高架下の高齢者センターなど施設建設、外環道青梅街道ハーフインターチェンジ、地上部街路「外環の2」、大泉第二中学校を分断する道路と地域住民との対立が続いている問題を取り上げます。

お時間のある方は傍聴を、ない方は後日ホームページで映像が見れますので、見てください。よろしくお願いします。