東京100駅・全国主要駅3・15一斉街宣・署名行動

2016年3月17日 11時18分 | カテゴリー: 活動報告

20160315署名活動@上石神井駅1安保法が混乱の中で強行採決されてから半年、「戦争法NO!ねりま集会実行委員会」は、戦争法廃止を求める活動を継続しています。3月15日は「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の東京100駅・全国主要駅3・15一斉街宣・署名行動として、練馬駅、石神井公園駅、大泉学園駅、光が丘駅そして上石神井駅の5か所で、「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」活動を展開しました。

上石神井駅で「戦争法の廃止を求める署名にご協力をお願いします」と署名を募っていると「知ってるよ、とんでもないよね」「こわいよね」と小学生から話しかけられました。

戦争をすることはもちろん、緊急事態を作って、首相が全権を握り、国民主権・基本的人権を奪われることを危惧しています。「茶色い朝」(土井敏邦さんのWebコラム2015年5月の記事がわかりやすです)にしないために、安保法に反対の声を広げていきます。

木村草太さん(首都大学東京准教授・憲法学)「緊急事態条項の実態は『内閣独裁権条項』であるー自民党草案の問題点を考える」をぜひお読みください。