いのちと平和と人権をまもる憲法をもっと身近に!

2016年5月11日 12時55分 | カテゴリー: 活動報告

20160503憲法アピール5月3日は「平和を育てる大泉9条の会」大泉学園駅でのアピールに参加しました。現政権は日本を守るために緊急事態条項が必要と言って憲法を変えようとしています。しかし、緊急事態の基準のあいまいさや首相に権限を集中する期間の定めがないなど、中央集権化が目的であることが透けて見えます。公を優先し、基本的人権を制限するのでは、政権による権力の悪用を止める憲法の役割が果たせなくなります。

有明で開催された「明日を決めるのは私たち―平和といのちと人権を!5.3憲法集会」には約5万人が集まり、戦争法の廃止を求める2000万人統一署名は1200万筆を超えたと報告がありました。練馬では、45000筆を超えました。6月まで引続き署名を集めますので、活動にぜひご参加を!お待ちしています。

戦争法NO!ねりま集会実行委員会のお知らせ

ねりまインパクト