知事は都議会の追及に答えられるのか?

2016年5月28日 08時04分 | カテゴリー: 活動報告

都知事が公私混同しているお金の使い方は、次つぎと新たな疑惑が報じられています。舛添知事は25日に元検事の弁護士2名に調査を依頼したと発表しましたが、名前も調査期間も不明なままです。27日の記者会見では、6月1日に開会する都議会での追及に答えるのかと問われました。しかし、知事は都議会で答えるためにも迅速に調査してもらっていると言い、回答するかどうかは明言しませんでした。事実を明らかにするという姿勢は感じられず、都議会での追及をかわすためのアドバイスを期待しているように感じました。

一部誤解もあるとしていましたが、公金については必要最小限にとどめる意思が感じられず、政治資金については、政治活動とのプライベートの線引きが明確に示せないことは問題です。都議会で自らの言葉で語ることを求めます。

都議会生活者ネットワークの談話もお読みください。