ねりまCO-OPフェスタにおおぜい集まった!

2017年2月27日 12時10分 | カテゴリー: 活動報告

2月24日にココネリホールで初開催の「ねりまCO-OPフェスタ」には、スタッフ・関係者が約100人参加、来場者約200人と盛況でした。主催は福祉のまちづくり・練馬で、区内6生協(コープみらい、パルシステム東京・東都生協・生活クラブ生協・東京保健生協・すずしろ医療生協)が一緒に、「だれもが安心して暮らせるまちづくり」「ひとりぼっちにしないまちづくり」をめざしています。

P1090096(fp)生活者ネットワークも構成団体になっている生活クラブ運動グループ練馬地域協議会のブースを手伝いました。シールアンケートで関心が高かったのは「原発」や「遺伝子組み換え食品」でした。子育て支援の「子育てひろば」「なかまほいく」や認知症の方や家族が集う「オレンジカフェ」を知らない人が意外に多く、知ってもらういい機会になったと思います。

医療生協の「健康チェック」で私もチェックしてもらい、足指力というのを初めて測定しました。結果は「がんばろう」「いい感じ」「上出来」の3段階で、「いい感じ」でした。新聞紙を足の指で丸めたり、広げたりすると鍛えられるそうで、老化防止になります。お手玉を紙皿にのせ、同時に投げてキャッチするのを2人、3人、4人と増やしていき、大いに盛り上がり楽しみながら、活性化できました。

地域福祉や健康づくりに取組む団体が集い、「であい?ふれあい?つながりづくり みんなが集まる地域交流の輪!!」を広げることができたように思います。